ブログ

主婦の知恵コラム「シンプルライフ=断捨離のすすめ方」

「シンプルライフ=断捨離のすすめ方」

断捨離という言葉自体は、多くの方が知っていらっしゃると思いますが、常に実行していると言う方は意外に少ないのではないでしょうか。
断捨離とは、必要としないモノを減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、執着してしまうモノから離れるための行動指針のひとつです。
必要のないモノは買わず、モノを増やさないということを徹底して生活していければいいのですが、どうしても欲しくなって買ってしまい、モノが増えていくというのが現状です。
断捨離の仕方は色々と方法はありますが、今回はシンプルな生活を送るためのポイントをご紹介していきます。

断捨離するための見極め方

断捨離するにも、何から手をつけていいかわからないため、なかなかそのきっかけをつかめない方も多くいらっしゃると思います。
断捨離の核は、とにかく捨てることであり、その後上手に整理・片付けをすることが必要です。
まずは、いろいろと考えをめぐらさずに、いくつかのポイント決めて整理をしていくのが一番ではないでしょうか。
例えば、1年以上着ていない服や買ってから1度も読んでない本など、ある程度の期間に使っていないものは、現在のあなたにとって不必要なものだと割り切ってください。
使わないまま1年も放置しているものは、自分にとって不用なモノなのではないかという意識を持ってください。
一度も読んでない本、一度も着ていない衣類を捨てるなんてもったいないと思って、いつか読むはずとかいつか着るはずといって、そのまま本棚やクローゼットに飾っておくことはやめましょう。
頭では理解していても、いざ断捨離しようとしますと思うように進まないものですが、ここは思い切りが必要なので、コツをつかんで片付け上手になっていきましょう。

断捨離できるモノの基準

まずは、今日断捨離するぞと決めたら、不必要なものを片付けたい範囲(クローゼット、玄関、押し入れ、リビング、キッチンなど)を決めましょう。
例えば、クローゼットと玄関と決めたら、その2か所にどれくらいのものがしまってあるのかを把握するために、一度全部のモノを出して並べてみましょう。
衣類であれば、色あせやほころび、虫食い跡、靴ならカビが生えているとか踵がすり減りすぎなど、使用レベルを過ぎているモノや後で捨てようと思ってそのまま押し込んでいるモノが見つかるはずです。

◇クローゼットは断捨離の宝箱

衣類を処分するときは、先ほども書きましたように衣類にダメージがあるかどうかのチェックをしましょう。
袖がすり減っていたり、長年使っていたことで生地が薄くなっているとか、色あせがあったりしたら処分対象にしましょう。
たとえそれが、高額なブランドモノであっても、着古した感のあるヨレヨレの衣類は、印象的に「だらしがない」とか「貧乏くさい」という風に思われがちです。また、買ってはみたものの一度来て似合わない、なんか違うなと思い着なかったとか判断した結果、クローゼットに眠っていたのですから処分対象にされた方がよいでしょう。
衣類系の小物であるバックや帽子、マフラーなどは、通常は流行り廃りも早いアイテムですので、頻繁に使わなくなったものは再び使う機会はないので、これらのアイテムも処分対象と考えてください。
小物アイテムは、流行り廃りに影響が出ない、シンプルなカラー&デザインのしっかりしたモノを購入するのを基本にすると良いでしょう。
バックやマフラー、手袋などは、こういう時にこそブランド品を活用されることをおすすめします。

◇玄関(シューズボックス)も宝の山

趣味や衣類が変わって履かなくなった靴、足が痛くなるので履かなくなった靴、踵がすり減った靴などが、シューズボックスには眠っていると思いますのでそれらは処分対象としてください。
また、今じゃなくていつか履こうと買ったけど、2年以上もしまっているだけの靴は、経年変化で自然と痛んでいる場合もありますのでチェックをしてみてください。
問題ないようでしたら、すぐ自分で履くか誰かにあげるなどすることをおすすめします。
断捨離して、シューズボックスにスペースができれば、今まで玄関に出しっぱなしになっていた靴や傘をしまえますので玄関もすっきりした状態になります。

断捨離で捨てるモノが決まったら、売れそうなものは買い取ってもらおう

新品同様のものは、リユースショップに持ち込むか出張査定で買い取ってもらうのも、断捨離する一つのご褒美と考えてみませんか。
衣類、靴、ブランド品、書籍などジャンル別にリユースショップはありますので、整理がついたら買い取って欲しいアイテムを知らせてみることをおすすめします。プロの目で見ると、素人では思いもつかない掘り出し物である場合もたまにはありますので、ショップスタッフにまずは相談をしてみましょう。
そして、査定してくれるモノだけを残し、あとはスッキリと処分をしてしまいましょう。

ご不要品はぜひエキスパートにお売りください!

まとめ

断捨離すると部屋は、自然と整理整頓ができた居心地の良い生活環境となります。雑然とした部屋やクローゼットから解放されると、気持ちにも余裕がでますし、自分の身の回りに必要なものだけを置くことで、自分にとって必要な選び抜かれたアイテムに囲まれる充足感で心が豊かになっていきます。
また、モノのありがたみを知ることもでき、モノに感謝できる気持ちも養えることでモノを大事に扱い、無駄な買い物をしなくなりますので、自然とその分お金が貯まっていきます
心にゆとりを感じる日々を過ごされるためにも、断捨離を始めることをおすすめいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る