ブログ

エンジョイ♪湘南暮らし④|江の島の古民家カフェでのんびりしませんか?

 

人に教えたくない居心地の良さ♪江の島の古民家カフェでのんびりしませんか?

 藤沢市で一番の観光地といえばもちろん江の島。まだまだ初詣の人でごった返していますが、活気があるのはいいことです。老舗の料理屋さんやお茶屋さんは店先で元気よくお客さんに声をかけ、観光客の人がひっきりなしに入っていきますが、藤沢に住んでいると「わざわざ江の島で食べなくてもいいかなー」なんて思う人もいるかもしれませんね。それはもったいない!江の島の飲食店は、わざわざ行きたくなるお店ばかり!少しずつご紹介していきますね!まずは江の島の古い家屋をリノベーションした古民家カフェをご紹介します。「まずは…
って、生しらす丼じゃないのかい?!」とツッコミが聞こえてきそうですが、しらすはただいま禁漁中。どこも生しらすはありませんし、現在食べられる釜揚げしらすは冷凍か他の地域産なのです。というわけで、3月にしらす漁解禁になったら改めてご紹介しますね!今回ご紹介する古民家カフェは、人に教えたくないほど居心地いいですよ~♪

江の島の古民家カフェでのんびりしませんか?

【しまカフェ 江のまる】

 
しまカフェ江のまる

場所は江の島のてっぺん、中津宮から向かうとサミュエル・コッキング苑を過ぎてしばらく歩いた右側にあります。江の島に行ったことがあれば、赤地に白文字で「しまカフェ 江のまる」と書かれた布の屋号に見覚えがあるという方もいらっしゃるのでは?外からうかがうと店内はうす暗く、江の島なのに海が見えません…というわけで、めったに江の島に来ない人は素通りしてしまうかも。いやー、もったいない!江の島にいつでも来られる地元の方や、古民家カフェ愛好家の方はぜひ入ってみてください。入ってみると意外と広いのは、天井がなく太い木の梁がむきだしだからでしょうか。木の床も木の窓枠も使い込まれた年月が感じられます。建物は築100年になるそう。

寒い日だったのでカフェオレをいただきました。夏は冷たい飲み物やかき氷などもありますよ。窓の外が明るく、初夏には江の島名物のあじさいも咲き、楽しそうに行き交う人を眺めていると時間が経つのを忘れてしまいます。ひとりで来てのんびり、お友達と来てのんびり、恋人と来てのんびりできるお店です♪

【㠀舎 TO-U-SHA】

㠀舎 TO-U-SHA

「とうしゃ」と読みます。㠀(とう)」は「島」の古い字だそう。場所は江の島の岩屋道、奥津宮の鳥居の手前、やはり築100年近くの旅館だった建物で、以前はうどん屋さんかなんかでしたね。3年前に東京は目黒から来られたという店主、侮るなかれ、料理上手な魚の目利きでとにかく料理が美味しいです。インテリアはさりげなく椅子も揃いでなく一脚ずつ違い、アンティークやヴィンテージでまとめられ、古民家カフェ好きの心をくすぐります。窓からは崖下の茂みの向こうに海が見えて言うことなしです!昔から主のようにここにいるねこ店長も人気者です。

お食事は魚料理の定食がメインで、味もボリュームも星みっつ☆☆☆!と叫びたくなるに間違いありません。炊き込みご飯やお惣菜も手がかかっています。もちろんコーヒーだけでもOKですし、一品料理やデザートもありますからご安心くださいね。ランチは混んでいる時もありますが、夕方は比較的空いていて、窓際の席でゆっくりできますよ。

海が見える古民家カフェ

江の島のお店は、荒天時はお休みするので、悪天候の日はご注意くださいね。

【基本情報】

しまカフェ 江のまる
藤沢市江の島2-3-37
℡ 0466-47-6408
営業時間 11時~日没 水曜定休
㠀舎 TO-U-SHA
藤沢市江の島2-6-10
℡ 0466ー66ー6252
営業時間11時~20時 不定休

関連記事

ページ上部へ戻る