ブログ

ライフコラム「公園デビューとママ友の作り方」

 

「公園デビューとママ友の作り方」

初めて出産してママになった方にとって、子育てももちろん初めてのことですから、赤ちゃんと送る日々はわからないことだらけだと思います。
すやすや寝ていた赤ちゃんが急に泣きだして、お腹が空いているのかな?おむつがぬれているのかな?ミルクをあげたりおむつを替えたりするけれど泣き止まない、どうしたのだろう、どこか痛いのかな?と悩みは尽きません。
自分の母に対応を聞いても、うまくいかなかったりすることもあり、相談したり愚痴をこぼしたりしたくなる時もあるでしょう。
そのようなとき、あなたの力強い味方になってくれるかもしれないのが、同じような経験をリアルタイムで経験している「ママ友」の存在ではないでしょうか。
しかし、ママ友を作りたいと思っても、今度はママ友ってどのように知り合うのかを悩む方もいらっしゃるでしょう。
生まれて数カ月経つと、外にも興味を抱くころとなり、お子さんを公園で遊ばせあげるという公園デビューの時期になってきます。
そして、同じ遊具で子どもを遊ばせているうちに、自然とママ同士の会話が始まってママ友を作るきっかけとなっていきます。
そこで、今回は公園デビューでママたちとの付き合いについてご紹介をしていきます。

■そもそも公園デビューって?

公園デビューとは、一般的には近所の公園へママが子ども(赤ちゃん)を連れていき、その公園で遊ぶ地域の母子コミュニティに参加し始めることを指します。ママは、公園で出会う他のママたちと定期的に公園で会うことで、子育てに関する情報交換や育児の悩みを相談し合います。
子どもは遊ぶことを通じて、友達ができたり集団で遊んだりすることで、人とのコミュニケーションを学んでいきます。
公園デビューすることで、子育てするうえでのメリットはいろいろありますが、デビューするまでは、ママ友ができるか、子どもは他の子と仲良く遊べるだろうか、結局は心配してしまい中々公園デビューに踏み切れないママも多くいるようです。
しかし、公園デビューは、ママと子どもが公園で楽しく遊ぶと同時に、子どもを通じて地域のコミュニティに入るチャンスですから、あまり考えこまずに公園で子どもと一緒になって楽しく遊びましょう。
そうしているうちに、その公園で同じように子供と遊んでいるママから声もかかるものです。
公園デビューだからと言って、頑張ってママ友を作らないといけないなどと思ってしまうとそれ自体がストレスになってしまうとか、ママ友ができないことで、公園に行くのが億劫になってしまうこともあるかと思いますが、あまり気にせずに子どもと公園で一緒に楽しむことだけを考えて、公園に行くことをおすすめします。
その他にも、出かけていく公園によっては、ママ友のグループができていて入りにくい気配を感じることもありますが、そういうときは無理しないことです。
子どもと一緒に遊んでいれば、自然と年齢の近い子どもが近寄ってきて一緒に遊び始めることもあり、そのときにその子のママと話す機会もできるはずです。
そして、気分転換に近くの公園だけでなく、ちょっと遠くの公園に行ってみるとか、児童館などに子どもと一緒に出掛ける機会を設けましょう。
そうすることで、日々の育児の疲れから解放されことにつながるかもしれませんのでおすすめします。

■公園デビューをしてからの注意点

公園でママ友ができて話に夢中になっても、子どものことを後回しにしないように気を付けたいものです。
公園は、ママたちの情報交換と憩いの場でもありますが、しっかりと子どもを見守ってあげるように接してください。

◇子供から目を離さない

ママたちとの話に気を取られてしまい、子どもから目を離してしまい危ないことをしそうな時を見逃さないようにしてください。

◇赤ちゃんの体調を優先して行動

夏場はこまめに水分補給をするとか、汗をかいたら着替えをするようにして、子どもの健康管理を第一に考えて行動してください。
また、あまりにも寒い日や暑い日に公園に行くと、赤ちゃんは思いのほか疲れてしまうものですから、赤ちゃんの体調がすぐれないときは無理して行かないようにしましょう。

◇公園では、なるべく月齢・年齢の近い子どもと遊ばせる

公園には、様々な月齢や年齢の赤ちゃんや子供が遊んでいますので、赤ちゃんから幼児期にかけてのお子さんは、それぞれ成長の差が大きく遊びのスピードも異なります。
そうなると思うように一緒に遊べないこともありますので、子どもを遊ばせるときはママ友との付き合いよりも、年齢の近い同じ遊びで楽しめる子たちと遊べるようにしてあげましょう。

■まとめ

公園デビューは、赤ちゃんに外の雰囲気と協調したり仲間意識を持たせたりするためにもいい機会です。
公園で遊びを通して、かけっこがうまくなったり、言葉がどんどん出てくるようになったりと言う具合に、子どもは日々どんどん成長していくでしょう。
もちろん、ママ友同士の交流の場でもありますので、ママ同士のコミュニケーションをするのも必要ですが、まずはその公園が子どもにとって楽しく遊んでいられる環境なのかを一番に考えてあげましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る