Blog

「洗濯物に黒いゴミが…洗濯機の掃除方法」

洗濯物が乾き畳んでしまうときに、何か黒いゴミのようなものが洗濯物についているのを見たことはありませんか? 
外干ししたから何かのごみかな?と思っていたら、実はこれは洗濯機内部に発生したカビなのです。
洗濯機を掃除していないと、こうしたカビが発生することがあります。
今回は、洗濯機に発生してしまうカビを掃除する方法についてご紹介していきます。

■カビって、油断できないです
洗濯槽は、内側も外側もお風呂場よりカビが繁殖しやすい場所と言われています。このカビの原因は、当然ながら水分と湿気です。
新品の洗濯機でも、掃除をせずほっておくと3ヶ月くらいで洗濯槽にカビが発生し始めます。
洗濯層は、樹脂よりもステンレス製がカビにくいと言われますが、全然カビが発生しないわけではありませんし、仮に見えている部分にカビが無くても、洗濯槽の外側はカビで覆われていたと言うことだってあります。
そして、洗濯槽の掃除をしないと、カビは増え続け洗濯した衣類や下着、バスタオルなどについたカビが体や顔に付着して体内に入ると、アレルギー性鼻炎やじんましんの原因になったり、肺炎を引き起こしたりといった具合に、かなり人体に危険性を伴うことにもなりかねません。
もし、急に鼻水が出たり詰まったり、目がかゆいなと感じたら、洗濯槽を掃除してカビ退治をしましょう。

■洗濯槽が汚れる原因
洗濯槽の汚れである黒カビのほかに、洗濯槽内には日々の洗濯によって洗剤や柔軟剤が溶け残ったカスや水アカなども付着しています。
特に洗濯槽のカビは、湿度が70%以上で温度が20度から40度で大量発生すると言われています。
カビは、皮脂の汚れや石鹸カスなどの汚れが大好きで、酸素があればどこでも繁殖するというやっかいな微生物です。
また、洗濯機は蓋を閉めることもあり、湿気がこもりやすいから、カビが発生しやすいわけです。
たとえば、節約や節水のために風呂の残り湯や、洗濯物種類によってぬるま湯で洗濯をしますと、洗濯槽内には暖かい空気がこもり湿気だらけにカビ繁殖の引き金となりますのでご注意ください。

■洗濯槽を洗う手順
はじめに、水を洗濯槽に水位いっぱいまで入れ、洗濯槽を洗浄する洗剤を投入しますが、その洗剤には塩素系と酸素系の2種類があります。
塩素系の特徴は、殺菌力が強く塩素系のツンとした臭いが残ってしまうとか、殺菌力が強いのですが、用法・用量を間違えますと、洗濯槽を痛めるとか手肌が荒れることもありますのでご注意ください。
酸素系の特徴は、強い発泡で汚れを剥がして落とす、臭いが気にならない、環境や手肌にやさしく衣類へのダメージも少ないということがあります。
酸素系は、お湯を使うと酸素系成分が活発に作用しますので、40度~50度程度のお湯が効果的であるようです。
ただ、すべての洗濯機がその温度のお湯に耐えられる製品かはわかりませんので、使用される場合は説明書などでチェックしてから行いましょう。
使用するお湯は残り湯でもいいのですが、お湯の汲み上げができない場合は、洗濯槽を傷める場合がありますので、必ず先に水を洗濯槽に半分くらいためてから、お湯を入れながら温度を調整するようにしてください。
◇洗濯槽撹拌は2~3回を目安に行います
洗濯機を3分から5分撹拌してから30分から1時間おきに、撹拌を2、3回行いましょう。
撹拌するたびに汚れが水中に出てきますので、網できれいにすくい取りましょう。すすぎ洗いを繰り返して、汚れがほとんど出てこないようになれば撹拌作業は終了です。
洗濯槽がかなり汚れていると、酸素系漂白剤の泡立ちが強くなりますので、泡が多くなったら洗濯機をストップさせ、泡を洗面器ですくって調節してください。
予定している撹拌が終わったら、洗濯槽をそのままの状態で5~6時間放置しておきましょう。
◇仕上げもゴミ取りをお忘れなく
汚れがひどいときは、洗濯槽は一晩そのままにしておくことをおすすめします。
このときに、洗濯機の蓋をしてしまうと、カビ発生の原因になってしまいますので蓋は開けておきましょう
つけおきした洗濯槽に、汚れや黒カビが浮いているようでしたら、先ほどのようにすくい取ってください。
少量だからと言って、そのまま流してしまいますと、排水管に黒カビが付着することもありますのでご注意ください。

■まとめ
洗濯槽の掃除は、月に1回くらい洗濯槽を掃除しておくと、洗濯槽内のカビの発生からも守れるかと思いますので、洗濯物を洗うように洗濯槽の洗浄も習慣化されると良いでしょう。
また、カビ対策として濡れた洗濯物を洗濯機の中に入れっぱなしにしていますと、カビがどんどん繁殖する原因となりますので、洗濯後は速やかに干しましょう。
そして、カビは湿気が大好きですから、洗濯槽の中をいつも乾燥させておけるように、洗濯後は蓋を開け放ち洗濯槽内の換気をしておくことをおすすめします。

関連の記事