Blog

「子ども靴、服の汚れの落とし方(スポーツの秋、運動会シーズン)」

子どもが外で遊んでくると、服や靴を泥だらけにして帰って来ることって、よくありますよね。
子供の服や靴に汚れはつきものだかたしょうがないと理解はしているものの、下ろしたての服が無残にも汚れていると、ついため息が出てしまいます。
泥汚れは、洗濯機で洗っただけではなかなか落ちませんし、洗ってもその部分は薄茶色のシミのようになってしまいます。
これからの季節、スポーツに運動会と子供の服と靴の汚れとの戦いが主婦の皆さんに始まることでしょう。
そこで、今回は泥で汚れた服と靴の洗い方のコツをご紹介していきます

■外遊びでついた子ども服の頑固な泥汚れとは?
泥汚れをいかに落としていくかをご紹介する前に、そもそも汚れにはどのような種類があるのか?その性質についてお伝えします。
汚れには、以下の3つのタイプがあります。
◇水溶性の汚れ
汗や果汁、しょうゆ、ワインなどの水で溶ける汚れです。
◇油溶性の汚れ
皮脂、調理用油の他に口紅やファンデーションも油分が含有されていますので油溶性の汚れです。
油に溶けますが、洗剤の持つ界面活性剤によって、汚れを落とすことができます。
◇不溶性の汚れ
不溶性の汚れは、水や油にも溶けない特徴があり、土や砂、ほこり、墨などがあります。
そして、泥汚れは砂や粘土質の土、汗に体から出る皮脂、空気中のほこりなどで構成されていますので、汚れのタイプで見ると泥汚れは、汗(水溶性)、皮脂(油溶性)、土や砂(不溶性)と言う具合に、汚れの3拍子がそろい踏みしています。
3種類すべての汚れを持つ泥汚れは、「汚れの集合体」であり、泥汚れがなかなか落ちないのは当然なのかもしれません。
◇洗濯機で泥汚れが簡単に落ちない理由
そして、洗濯機で洗っても、洗剤をきちんと使用しているのに、どうしても泥汚れは落ちにくいのは、泥汚れが衣類の素材の奥にある繊維に絡みついているからなのです。
おまけに通常の汚れであれば、水に溶けたり洗剤に反応して汚れが浮き上がったりしてきますが、泥汚れの場合は洗剤を使用しても、その効果があまり出てこないのです。

■頑固な泥汚れの落とし方の手順
泥や砂は不溶性の汚れですから、まずは洗濯を始める前に汚れた服をよく乾かして泥や砂をできるだけ落としておきましょう。
1時間ほど日向に当てて乾かし、ブラシなどでこすり落としたり、手ではたいたりして泥や砂の汚れを落としてください。
次に、繊維の奥に入ってしまっている皮脂などの油分の汚れの油分を除去しなければなりませんので、洗剤液への浸け置き洗いを行います。
方法は、40度弱のぬるま湯で3~5倍程度に薄めた洗剤液に30分から90分ほど浸して様子を見てください。
時間が経過して、汚れがだいぶ落ちているようならば、服を軽く絞って洗濯機へ投入し通常洗いをすれば完了です。
泥汚れが、なかなか落ちない頑固な汚れの場合は、汚れ自体をつまんで固形石鹸を使って優しくこすり合わせ、手もみ洗いをして汚れを落とした後に洗濯機に入れましょう。
それでも落ちないときは、洗剤と漂白剤を使って先ほどのように時間をかけて、つけ置き洗いすることをおすすめします。
また、靴下は汚れが蓄積しやすい製品なので、基本つけ置き洗いを絶対行ってください。
靴下は、はじめから泥汚れ洗浄に特化した洗剤やアルカリ性の酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使ってつけ置き洗いをしていきます。
洗剤だけであれば、40度くらいのお湯で通常の6倍濃度の洗濯液を作り、白物なら一晩、色柄物は2~3時間を目安に浸しておいてからきちんと脱水して、洗濯をすることで汚れは落ちてくれることでしょう。
また、汚れに応じてアルカリ性の酸素系漂白剤を使うのもいいでしょう。
その場合は、40度のお湯3リットルに大さじ2杯を溶かし、60分ほどつけ込み脱水後にいつも通り洗濯していきましょう。

■子どもの靴の頑固な汚れを落とす方法
靴の汚れを落とすときは、歯ブラシなどを使用して、まずは靴の表面の汚れを軽く払い落としましょう。
次に、中敷きを使用していたら中敷き別に洗うため靴からはずし、靴紐も外しておきます。
汚れがひどい場合は、靴と靴紐とも酸素系漂白剤を、40度の湯に溶かして30分ほどつけ置き洗いします。
塩素系漂白剤は、強力ですので靴へダメージを与える可能性もありますので、必ず酸素系漂白剤を使うことをおすすめします。
ブラシなどを使い、全体的に洗い終わったら洗剤をきちんと落とすために、しっかりとすすぎ靴を乾かします。
乾燥は直射日光を避け、日陰で吊るして干すようにすると、形も崩れず整ったまま乾きます。
風通しの良い日陰ならば、夏場で1日、冬場で2~3日で乾くでしょう。

■まとめ
服も靴も頑固な泥汚れは、まずは泥を落とすことから始めましょう。
泥汚れをきちんと落としておくと、結果的に汚れが落ちやすくなり洗濯が楽になりますのでお試しください。

関連の記事