Blog

『ベランダ菜園を楽しもう』

スーパーで野菜を見てみると、その質感に鮮度や味わいについてなんとなく気になることってありませんか?
野菜本来の味わいを楽しめ、安心安全な品質の物を常に選んでみたいのは、消費者なら誰しもが思い描くことです。
美味しそうに感じないものなら買わないで、一層のこと自分でおいしい野菜を作ってみるのも一つの選択ではないでしょうか。
そう思う方におすすめなのが、自宅で簡単に始められるベランダ菜園です。
土や種を少しこだわるだけで、手軽に美味しい野菜を育てることができるベランダ菜園について今回はご紹介していきます。

■ベランダ菜園を始めましょう

種や苗木から育てて、作物が成長していく感動はなかなか素晴らしいものです。
成長して花を咲かせ、そして実をつけたときは、食べるのがもったいないかなと思えてきます。
そんな楽しさをマンションやアパートなどの限られたスペースであっても味わいたいときは、ベランダ菜園で好みの野菜や果実、ハーブ類などを育ててみましょう。
最近では、植木鉢やプランターもデザイン的におしゃれな製品があり、ベランダ自体をおしゃれ空間にすることもできます。
初めての方でも、きちんと基本を覚えることでベランダ菜園を成功させることが簡単にできます。

■ベランダ菜園の基本

◇プランターの置き場所を選ぶ

植物の成長に欠かせないものは水と日光ですので、プランターなどの栽培する容器を置く場所をしっかり選ぶことは重要です。
基本的には日当たりがよく、エアコンの室外機の風の当たらない場所、夏はとくに太陽が高いため日光がベランダに入り込む時間が短いので、日当たりを良くするためにプランターの高さを変えるなどの工夫もしてみましょう。

◇土選び

植物の栽培には、作物育成にマッチした土を選ぶことも重要です。
ホームセンターなどでは、野菜別の培養土(肥料の入っている土)なども売られていますので、目的に応じて最適な土を購入していくことをおすすめします。

◇ベランダ菜園に必要なアイテム

・プランター(もしくは鉢):できるだけ深めのものがおすすめ。
・育てたいもののタネや苗木
・培養土(肥料入り)
・プランター内の水はけを良くするために鉢底にいれる鉢底石。
・肥料:育てたい野菜に合わせて選びましょう。

■ベランダ菜園の注意点

◇ベランダ利用規約

アパートやマンションのベランダは、専用使用権を持ちながらもあくまで共有部分ですので、ベランダの使い方が制限されている場合があります。
そのため、ベランダ菜園を始める前に建物の規約を確認しておきましょう。

◇プランターで避難経路をふさがない

緊急時、ベランダは避難経路として消防法で定められていますので、隣室との間仕切り板をプランターや菜園の道具などで、ふさがないように気をつけましょう。
なるべく小さめのプランターを使いフラワースタンドで並べると少ないスペースで栽培を楽しむことも可能です。

◇防虫対策を万全にする

使用する培養土や栽培中の植物などには虫が湧いてしまうこともあります。
防虫対策として、虫が嫌うミントやカモミールなどのハーブなどを一緒に育てるとか、プランターをネットで覆うなどして、隣人に迷惑がかからないように栽培に取り組みましょう。

◇水漏れや水溜りに気を配る

基本的にベランダは、完全な防水加工はされていない場合がほとんどです。
水やり中に大量な水をこぼしてしまうと、階下の迷惑をかけてしまうこともありますので、水やりの時は十分注意を払いましょう。
水やりには十分注意し、排水溝の土や汚れなどはこまめに掃除をして詰まらせないように心がけましょう。

■ベランダ菜園におすすめ野菜5選

比較的すぐに収穫できて、ベランダ菜園で栽培可能な野菜を5つ選んでみました。

◇バジル

ピザのトッピングなどイタリア料理によく使われるバジルは、多くの葉が育ちますので収穫の喜びをひとしおです。
日光によく当て、水と肥料を多めにあげると良く育ち、収穫時期は6~11月です。

◇ラディッシュ

20日間でほぼ収穫ができるというスピード栽培できるのがラディッシュです。
菜園を始めてすぐに収穫してみたいときに、とてもおすすめで真夏と真冬以外は栽培が可能です。

◇シソ

刺身の付け合せや薬味になるシソは、時期によっては意外と高い値段の野菜です。7~10月が収穫時期で、簡単に栽培できるシソはベランダ菜園にぴったりです。人気が高いです。

◇葉ネギ

薬味に大活躍してくれる葉ネギは、真冬以外は栽培ができます。
乾燥にも強い野菜であることから、頻繁に水やりをする必要がありませんので、簡単に育てることができます。

◇小松菜

栄養価の高い小松菜は別名を「冬菜」と言われるほど、寒さに強い野菜です。
旬は冬ですが、上手に行えば1年を通して栽培できますので、とてもおすすめな一品です。

■まとめ

ベランダ菜園は簡単で、広いスペースがなくても誰でも始めることができますので、作物の栽培をしたことがない方でもおすすめです。
最近では、ホームセンターなどに初心者向けのキットとして、育てたい植物に適したプランターなどセットで販売されているものもありますので、ご紹介した品種のように比較的簡単に育てられる作物の栽培をお楽しみください。

関連の記事